中日ドラゴンズ応援歌内の「お前」という表現は不適切?

出来事

はじめに

中日ドラゴンズの応援歌「サウスポー」の中に「お前」という表現があり、与田監督が「教育上よろしくなく、不適切だ」と指摘したことで話題となっています。
元はピンクレディーのヒット曲「サウスポー」で、歌詞の一部を「みなぎる闘志を奮い立て、お前が打たなきゃ誰が打つ、今、勝利を掴め」と変えて歌っているようです。

個人的な意見ですが

この件について、賛否両論あるようですが、個人的には改変に反対です。
お前という表現をそこまで気にする必要があるかなと不思議に思います。
これは応援歌であり、選手を応援しているのだから、決して相手をけなしたり、見下したりしているわけではありません。
むしろ、応援して奮起を促しているものです。

本人の前でお前呼ばわりしているわけではない

仮に見下していたとしても、観客はわざわざお金を払って見に来てくれているありがたい存在です。
しかも、応援までしてくれる存在であるわけで、結果がでなければヤジられるのも、プロスポーツ選手の宿命ではないでしょうか。
政治家やスポーツ選手なんて、ヤジられているうちが華ですよ。
無視される方が寂しいでしょう。
本人を前に「お前」呼ばわりはいけないですし、そんな人間は非難されるべきです。
しかし、スポーツ選手や芸能人は、みんな普段の会話では呼び捨てにされるものだし、選手たち自身も昔はそうしていたのではないでしょうか?
与田監督だって、子供の頃、野球選手を呼び捨てにしていなかったのでしょうか?

言葉の意味は確かに変わるが……

そもそも、言葉の由来としても、「お前」や「貴様」は悪い意味ではありません。
確かに時代とともに言葉の意味は変わるわけで、何かと難しい時代になっているのはわかります。
なんでもかんでも綺麗事の理屈を並べれば意見が通るようになると、自分で自分の首を絞めていくようなもので、息苦しい社会になるだけだと思います。
同じ言葉でも、タイミング、シチュエーション、相手との関係で、ニュアンスは変わります。
なんでもかんでも禁止にしては、言葉狩りになってしまいます。
世知辛い世の中になったと今更ながら思いますね。

最後に

それ以前に、こんなことにこだわるより、低迷するチームの方に力を注げと思いました。
それとも、わざとこういう問題提起をすることで、チームに注目してもらおうという深謀遠慮があったのでしょうか?
だとしたら、感服しますけれど。
それでも変えろというのなら、一部で言われているが、名古屋であることだし、「おみゃー」にしてはどうですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました