コロナウイルスも怖いが、村八分にあうのがもっと怖い

雑記

猛威止まらず

新型コロナウイルスの猛威は止まらず、ついには東京オリンピックが延期されるまでになりました。
英国ではチャールズ皇太子までが罹患されたようです。
おそらくかなり管理された環境におられたと思うのですが、それでも罹患するのですから、恐ろしい話です。
日本でも死亡者は少ないものの、感染者は増え続けています。
そのため、各種イベントなどが自粛され、人や物の流れが止まり、経済は大ダメージを負っています。
感染力が強いので、自粛は当然という意見もあれば、風邪の一種で致死率は高くない、毎年のインフルエンザの方がたくさん死亡者を出している、自粛はやりすぎだという意見もあります。
どちらが正しいかはわかりません。
おそらくどちらも正しいのでしょう。
しかし、日本は自粛の道を選んでいます。
これは日本人特有の事なかれ主義や慎重さから来るものではないでしょうか。

自分のせいになるのが怖い

コロナウイルスについて、重症化する人はわずかであるようで、罹患した多くの方が無事退院されているようです。
高齢者や、妊婦、小さな子供はもちろん注意しなければならないと思いますが、健康な大人までがここまで自粛するのはなぜなのでしょうか?
私はコロナウイルスにかかるのはもちろん怖いですが、それ以上に村八分にあうのが怖いという考えが根底にあるからだと思います。
つまり、自分がコロナウイルスに罹患することで、会社が休業することになれば、会社が潰れるかもしれない……そうなれば、他の社員から恨まれます。
あるいは、自分が罹患することで、子供が通う保育園が閉鎖されるかもしれない……そうなれば、他の親から恨まれます。
主催イベントを強行したことで、参加者に患者が出たら……責任を取らされるかもしれない。
こういうことが日本人は怖いのです。
他の人間にコロナウイルスをうつしてやると言って、結局死んでしまった愛知県の男性など例外中の例外です。

いつまでこの状態が続くのやら……

とはいえ、このままでは日本経済は壊滅します。
暖かくなれば収まるという楽観的な見方もありましたが、温暖な国でも流行しているのだから、説得力がありません。
このままではコロナウイルス以前に露頭に迷って自殺する人間が増えてしまいます。
こんなときこそ、政治の力が必要かと思うのですが、即効性のある消費税の減税はしないと宣言しました。
全国民への現金給付も当初は10万なんて言ってましたが、だんだん金額が減っている上、所得制限をするようで、給付に時間がかかりそうです。
国民に移動するなと言っておきながら、旅行クーポンを配るなんていうのは、何のギャグかと。
和牛クーポンなんてのも考えられているようで、内需拡大にはいいのかもしれませんが、給付される頃には餓死者が増えているように思います。
政府は何を考えているのでしょうか?
おそらく財務省あたりが反対しているのでしょうが、アメリカ大統領の強権発動に比べて情けない話だと思います。
そもそも、政府がインバウンドなんていう目先の金に目が眩んで、中国人の来訪を禁止しなかったのが始まりのはず。
結果的に大損しているのだから馬鹿な話です。

この状態はいつまで……

果たして、この状態はいつまで続くのでしょうか?
学校は休校中ですが、うちの近所では子供たちが楽しそうに外で遊んでましたけどね。
老人たちが公園でゲートボールをしているのも見ました。
のどかな光景に見えましたがねえ……
人が密集するのは危険かもしれませんが、そうでないイベントは行ってはどうかと思うのですが、まだ早いのですかねえ……

コメント

タイトルとURLをコピーしました