「麒麟がくる」第40話「松永久秀の平蜘蛛」あらすじと感想

麒麟がくる

<今週のあらすじ>
1577年、信長と本願寺との争いはすでに7年目を迎えていました。
そんな中、松永久秀が急遽、天王寺にある信長軍の陣から消え去ります。

京は光秀の館。
娘のたまが駒から薬作りの手ほどきを受けています。
妻を亡くした光秀は、少し寂しげです。
駒は伊呂波太夫から預かった文書を光秀に見せます。

光秀は伊呂波太夫のいる小屋を訪れます。
お忍びで来ていた三条西実澄が出てきたところでした。
三条西は光秀に対し、帝が信長の行く末を心配していると話します。
また、光秀とその件について話したいとも伝え、立ち去ります。
立ち話するふたりを何者かが見ていました。
あとでわかる話ですが、信長の放った忍びでした。

小屋に入ると伊呂波太夫と松永久秀が待っていました。
「よお!」と気楽に挨拶をする久秀。
一方、光秀は厳しい表情です。
対峙するふたり。
光秀は珍しく酒を所望します。
(注:光秀や信長は下戸だったという説があります。)
光秀は怒っていました。
先日、北陸で上杉謙信と戦っている柴田勝家と羽柴秀吉が大喧嘩をして、秀吉が勝手に陣を払う事件がありました。
秀吉を切腹させると言っていた信長を光秀らが必死に説得して阻止したのでした。
それだけに今回の久秀の出奔は許せないことでした。
久秀は語ります。
「信長は実力のある者を家柄などにこだわらず取り上げると言っているが、北陸方面の司令官は古株で無能な柴田だ」と。
「大和も自分にくれるかと思ったら、古い家柄の筒井順慶に与えられた」と。
久秀にもまたプライドがありました。
光秀の説得も聞きません。
「本願寺方につく」と久秀は宣言します。
久秀は名物「平蜘蛛の釜」を見せます。
「命の次に大事なものだ」と語り、信長には絶対渡したくないと語ります。
やむなく渡すとすれば、光秀に渡すとのこと。
久秀は本音では光秀と戦いたくないと涙声で話します。
光秀もまた涙声で説得します。
光秀はどうして久秀と戦わなければならないのかと「解せぬ、解せぬ」と連呼します。
しかし、説得は通じません。
久秀は平蜘蛛の釜をひとまず太夫に預け、戦に勝てば自分が、負ければ光秀に渡してくれるよう頼むのでした。

松永久秀は信貴山城にこもり、信長に反旗を翻します。
信長は嫡男信忠を総大将とする大軍を送り込みました。
光秀も参戦しています。
戦準備のさなか、佐久間信盛が光秀に対し、信長から密命を預かっていると語ります。
「茶道具をすべて渡せば松永を許してやってもよい。特に平蜘蛛の釜を手に入れろ」という密命でした。
「そうでなければ、磔にして見せしめにして殺す」とも。
そのあと、細川藤孝が息子の忠興を連れてきて、紹介します。
今は、血気盛んな少年という感じでした。

10月10日、信貴山城に攻め込む織田軍。
敗色濃厚となった久秀は城にある名物に油をかけ、火をつけます。
そして、業火に焼かれながら、腹を切るのでした。
「南無三宝!」と最後に叫んでいました。
三宝というのは十七条憲法に登場する仏・法・僧のことでしょうか?
松永炎上! とでも叫びたくなるようなラストでした。
ちなみに松永久秀が死んだ日は、彼が大仏殿を焼いた日と同じとも言われており、大仏の祟りだという説もあります。
(松永久秀が大仏殿を焼いたのは事実ではないという説もあります。)

建設中の安土城。
城の一角で信長が大声で泣いています。
大広間(謁見の間?)に呼ばれる光秀。
そこには帰蝶がいました。
男たちのビジュアルが変わっていくのに対し、相変わらず美しい帰蝶です。
「信長がこの頃よく泣いている。今泣いているのは、松永の持っていた名物が焼けたので泣いているのか、よくわからない」とのことです。
「最近は信長のことがわからない」とも。
「信長は何かを怖がっているのではないか。信長は足利将軍と同じ身分も与えられ、戸惑っているのではないか」とも語ります。
帰蝶は「少々疲れた」と語り、自らは美濃に戻り、小さな館があるのでそこで暮らすと伝えます。
そこに信長が入って来ます。
「佐久間信盛は役たたずじゃ」と、名物を守れなかったことに怒りの表情です。
退席する帰蝶。
信長は「おまえがいなくなったら、誰に相談すればいいのか?」と帰蝶に尋ねたら、「光秀に尋ねたらよい」と答えていたそうです。
信長は光秀にふたつ用件がありました。
ひとつは平蜘蛛の釜のことです。
「松永が誰に預けたのか聞いていないか?」と問い詰めました。
信長は忍びから久秀と光秀が伊呂波太夫の小屋で出会っていると聞いていました。
しかし、光秀は対面は認めたものの、平蜘蛛の釜の話はしなかったと嘘をつきます。
信長は「松永を死なせたくなかった」と話します。
「なぜ裏切ったのだろう」とも。
帰蝶や帝の件でも、なぜ皆が自分から離れていくのかと嘆きます。
ちなみに、もうひとつの用件は、光秀の長女たまを細川忠興に嫁がせよということでした。
退出した光秀を見て、信長は「光秀が初めてワシに嘘をついた」と怒りとも困惑とも取れる態度になります。
襖の向こうには秀吉が控えていました。
忍びがどうこうというのは秀吉が動いていたようです。

琵琶湖のほとり、坂本城。
薬を調合したたまが光秀に苦い薬を飲ませます。
そこに伊呂波太夫が現れます。
約束通り平蜘蛛の釜を持参したのでした。
複雑な表情で平蜘蛛の釜を見る光秀。
すると、突然狂ったように笑い出します。
「これは松永久秀が仕掛けた罠だ!」と。
信長に平蜘蛛の釜の行方を尋ねられたが、どうしても言えなかった……それが松永久秀の罠だというわけです。
信長と光秀を仲違いさせようと仕掛けていたということでしょうか。
松永久秀は伊呂波太夫に伝えていました。
「これだけの物を持つ者はそれだけの覚悟がいる」と。
「心清く、武将としての誇りを持て」と。
退出しようとする伊呂波太夫に光秀は、丹波攻めが終わり次第、帝に拝謁したいとお願いします。
「今の世を、信長を帝がどう思っているかお尋ねしたい」とのことでした。

私的感想

松永久秀はさすがに爆死はしませんでした。
俗説は取らなかったようです。
しかし、なかなかの迫力ある死に様でした。
この大河ではかなり持ち上げられた人物となっていますね。
対称的に秀吉は悪役扱いですが。
川口春奈の帰蝶はもう見納めですかね。
回想シーンくらいには出てきそうですが……
だんだんと信長と光秀の間に溝が出来つつある演出になってきました。
とはいえ、信長が最も信頼しているのが光秀ではないかとも見える演出はいい傾向だと思います。
ステレオタイプのふたりの関係は、信長のパワハラに光秀が苦しむという感じでしたから。
本能寺の変怨恨説はまずなさそうですね。
今のところ、朝廷説が有力っぽい感じですが、最終的には光秀と信長の平和を目指す方法が違うという形ではないでしょうか。
そこに帝や足利義昭をはじめ、多くの人物が絡んでいたというところでしょうか。
なんにせよ、あと4話。
どうまとめられるのか注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました