「麒麟がくる」第41話「月にのぼる者」あらすじと感想

麒麟がくる

<今週のあらすじ>
1577年10月。
備後、鞆の浦では今も足利義昭が全国の武将たちに信長打倒の手紙を送り続けていました。

舞台は丹波、亀山城へ。
光秀は捕らえた丹波の国衆たちと謁見します。
「戦に正義はない。勝敗は時の運」と語る光秀。
「自分たちを斬らぬのか?」と、いぶかしむ丹波衆。
光秀は彼らに対し、解放するから、丹波の土地やインフラを回復してほしいと願います。
光秀は立ち去ろうとする丹波衆に問いかけます。
「我らは天下を平定し、平和な世を作りたい。なのになぜ逆らう?」
丹波衆は「我らは足利将軍から恩を受けこの国を任せられている」と回答します。
その答えを聞いた光秀は「我らの敵は備後にいる将軍だ」とつぶやきます。

京、光秀の館。
光秀は、蔵に置いてある平蜘蛛の釜をもう一度見ます。
そこに秀吉が尋ねて来ます。
播磨へ出陣する前のあいさつだということです。
秀吉は館の庭で薬草のことを「たま」に教えている菊丸に目を向けます。
何か気づいている様子でした。
光秀と面会した秀吉は、光秀のおかげで一軍の大将になれましたと平伏します。
一旦は褒める光秀。
しかし、「秀吉に足をすくわれた」とも語ります。
光秀は平蜘蛛の釜の一件について話し出します。
平蜘蛛の釜を見せ、信長に讒言したなと問い詰めて行きます。
前回、伊呂波太夫の小屋で、松永と光秀の面会を探っていた忍びは秀吉の弟のひとりだったようです。
「しんごろう」という名前だったようです。
その弟は口が軽いらしく、あちこちで手柄を言いふらしていたとか。
(史実かと気になって調べて見ましたが、そのような弟はいないようです。)
そこまで言われて、秀吉は「松永を追わせていましたが、明智様とまさか出会われるとは……」と再び平伏します。
「この件は貸しにしておく」と光秀は秀吉に注意します。
館を去る秀吉ですが、最後にひとこと残していきます。
菊丸のことでした。
「何者かわかった上で近づけておられるのか?」「自分にはただの薬売りには見えない」と捨て台詞を吐いていきました。

東庵の屋敷を訪ねる光秀。
そこでは菊丸がひとり薬を作っていました。
光秀は丹波の話を菊丸に話します。
また、信長の評判が悪いことも話します。
菊丸もまた持っている情報を話します。
「それらをすべて家康に報告するのか?」と問われ、菊丸の手が止まります。
「今更、隠すな」と語る光秀。
「秀吉が菊丸のことを疑っているから、そろそろ潮時だ。すぐに逃げたほうがいい」と伝えます。
菊丸はここでの居心地が良かったという話と、三河での身の上話をします。
菊丸の家族は皆、死に絶えたとのことです。
外で途中から話を聞いていた駒は部屋に入れず、戸惑っていました。
そこに現れたのが、娘のたま。
たまは嫁入りの話があることを話すのでした。
たまは母親に変わって、光秀を見送る役目をしばらく務めたいと語り、まだ嫁に行く気がないとのことでした。

建設中の安土城。
信長は近衛前久と鼓を叩いていました。
そこに光秀が訪れます。
前久は信長の依頼で九州を訪問していたようでした。
前久は関白の二条に対し、信長が弱腰なことに不満を持っている様子でした。
天守閣を見てこいと前久を追い出す信長。
光秀に対しては、二条を降板させ、前久を関白に据える展望があることを話します。
信長は京において、自分の評判がいいと自慢します。
しかし、光秀は「それならなぜ、松永久秀や足利義昭が離れていったのか」と苦言を呈します。
一瞬、気まずい雰囲気が漂ったあと、光秀は平蜘蛛の釜を信長に見せます。
前回の嘘を謝罪する光秀。
そして、平蜘蛛の釜ほどの名物を持つ者は、それなりの覚悟を持つ者でなければならないと力説します。
戒めているというところでしょうか。
それに対し、信長は平蜘蛛の釜をぞんざいに扱い、今井宗久に渡して金に替えるとまで語ります。
光秀が失望したのは言うまでもありません。

京、三条西実澄の館。
光秀は漢籍を読んでいました。
ちょうど王維の詩を読んでいたようで、光秀の心情を表している詩であるようでした。
「信長が何を考えているのかわからん」と、三条西実澄さえ口にします。
光秀もまた同じ思いでした。
そして、帝も同じ気持ちであるとのこと。
信長は帝に親王へ譲位を迫ってもいるようです。

内裏。
夜遅く、光秀は参内します。
月明かりしかない中、帝と光秀はついに言葉を交わします。
帝は月を見ながら、中国に伝わる月にまつわる神話を語り始めます。
月にある花を取りに行く男の話でした。
花を水に溶かして飲むと不老不死になる言い伝えがあり、男はそれを独り占めしようとしました。
しかし、それが神の怒りに触れ、男は月に封じ込められたと。
帝は「月は遠くから見つめるのがよい」と語ります。
「なれど、力のあるものは皆、月へ駆け上ろうとする」とも。
帝は「これまで数多の武士たちが月へ登るのを見て来た、そして、誰も帰って来なかった」とも語り、「信長はどうか?」と光秀に問いかけます。
「これから先、信長が道を間違えぬようしっかりと見届けよ」と光秀は帝から使命を下されるのでした。

なお、最後のシーンで、たまが細川忠興の元へ嫁いでいきました。

私的感想

菊丸は今回でお役御免でしょうか?
最後に駒や東庵と一緒に現れそうな気も。
今回、光秀はついに帝と直接言葉をかわしました。
これは、本能寺の変・朝廷黒幕説への伏線とも見えなくありませんでした。
次回予告では信長が光秀を蹴飛ばすシーンが見られました。
ルイス・フロイスが目撃したというシーンでしょうか。
今のところ、非道阻止説や朝廷黒幕説、足利義昭黒幕説などが複合的に混じり合った感じの結果になりそうですね。
要は信長が生きている限り、世は乱れたままで収まらない、だから光秀が……という感じでしょうか。
今週、ひとつ気になったところが。
帝に対し、信長が譲位を迫っているという会話がありましたが、最近の研究では、当時譲位して上皇として政治を見るのは普通だったそうです。
だから、むしろ帝は早く譲位したかったというのが定説になりつつあります。
今回の大河は俗説をかなり切り離して来ただけに、ここは昔ながらの説を取ったのだなと少し残念に思いました。
なお、NHKの発表によると、本能寺の変が描かれるのは最終話のことだそうです。
となると、山崎の戦いあたりはまたしてもダイジェストでしょうか。
光秀の最後もどう描かれるのか……
天海上人説や荒深小五郎説は無視ですかね。
まあ、それらはさすがに奇説すぎて採用できないでしょうけれど。
いよいよ、残り3話となりました。
楽しみ半分、怖さ半分という感じで待ちましょうかね。
納得の行く最後になるといいのですが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました