「麒麟がくる」第42話「離れゆく心」あらすじと感想

麒麟がくる

今週のあらすじ

1578年秋、荒木村重が信長に謀反を起こし、有岡(伊丹)城に立てこもりました。
説得に行く、光秀と秀吉。
村重の長男に光秀の長女が嫁いでいますので、無関係ではありません。
なお、史実では黒田官兵衛が説得に行き、一年間牢屋に閉じ込められますが、この作品では無視されているようです。
秀吉が定説の「人たらし」とは正反対の上から目線で村重を説得しますが、村重は拒絶します。
光秀は村重に真意を問いただします。
村重は、信長は摂津を自分に任せると言いながら、摂津の民に過酷な税をかけていること、足利義昭を惨めな姿で追放したことなどを理由に挙げました。
城に戻ると細川藤孝が待っていました。
光秀は「自分は公方様(足利義昭)のいる備後、鞆の浦に行く」と告げます。

船に乗り、鞆の浦に到着した光秀。
この時代、敵地に簡単に入れるようなものなのでしょうか?
刀を奪われますが、面会を許されます。
そして、刀の代わりに釣り竿を渡されます。
義昭は毎日、鯛を釣るのを日課にしているとのことでした。
かしこまってあいさつをする光秀ですが、すでに世捨て人のようになった義昭は釣りに集中しています。
毎日、一匹だけ鯛が釣れるとのこと。
自分は不器用だから、仏様が日に一匹だけ授けてくれるのだと自虐的に話します。
丹波での苦労話や荒木村重の話をする光秀。
皆が毛利と共に義昭が上洛するのを待っているが、毛利にその気はなさそうに見えると。
対して義昭は「みんな自分の名前を出せば大義名分が付くと考えているのだろう」と、これまた自虐的に話します。
「京に戻りませんか?」と語る光秀。
義昭の答えは「そなたひとりの京ならいいのだが」でした。
そんな中、皮肉にも光秀の釣り竿に見事な鯛がかかりました。
何かの暗示でしょうか?

摂津、織田方の陣。
秀吉が光秀を待っていました。
信長から指示があり、再度ふたりで村重を説得せよ、さもなくば信長直々に退治するとのことでした。
村重説得に向かおうとする光秀。
秀吉もついていこうとしますが、光秀は「来るな!」と拒みます。
パワハラ気味の秀吉が来てはまとまるものもまとまらないという理由でした。
しかし、光秀の説得もむなしく、村重は説得できず、光秀の長女が戻されて来ました。
定説では後に明智秀満と再婚するはずですが、そこまで描かれるでしょうか?
信長は荒木村重の勢力を「女子供まで皆殺しにせよ」と命令します。
光秀は「本願寺や毛利らに囲まれているのに村重に力を入れて大丈夫か?」と危惧します。
それでも信長は力攻めにしますが、村重の抵抗も激しく、一年に渡る持久戦となります。

光秀の元に菊丸がやってきます。
もう登場しないかと思っていましたが、再登場です。
家康の元に来てほしいと頼みます。
摂津沖の船の中で、光秀と家康は面会します。
家康の話は自分の妻(築山殿)と長男(信康)に対し、信長が切腹を命じていることに対する相談でした。
定説では武田方に通じているふたりを殺せと信長が命じている事件です。
家康は先日、信長が岡崎に鷹狩に来た際、「今なら討てると思った」とまで話します。
「あまりに理不尽なら自分にも考えがある」ということでした。

信長は宣教師たちに会っていました。
そこに光秀がやってきて、宣教師たちは下がります。
うれしそうに宣教師の語った神の話をする信長。
ちょうど、毛利水軍を信長傘下の九鬼水軍が打ち破ったというニュースを聞いたから機嫌がいいのでした。
毛利水軍を鉄甲船で討ち破った戦いのことですかね?
光秀は家康のことを話します。
「切腹までさせるのはどうか?」と意見します。
しかし、信長は聞き入れません。
信長は家康を試しているのでした。
鷹狩の際、三河の衆が信長を見る目には信長も気づいていました。
口論になるふたり。
「唯一、頼りになると考えているのはそなただ」と信長は言いますが、光秀が帝に拝謁した話を持ち出します。
「帝と何を話していた?」と問い詰める信長。
真面目な光秀はごまかすことができず「一切、口外するなと言われている」と答えます。
再び口論になるふたり。
怒り狂う信長は持っていた扇子で光秀を数度叩きます。
このあたり、半沢直樹もびっくりの迫真の顔芸です。
初登場時は、漁師のようだった信長像は遠い昔のことのようです。
それでも光秀は口を割りません。
困惑する信長。
最後は「帝には譲位していただこう」と話し、「丹波を一年以内に制圧せよ、さもなくば考えがある」と圧力をかけます。

館(坂本城?)に戻った光秀を待っていたのは駒でした。
光秀が額から血を流しているのを見て、手当てします。
駒は義昭から手紙が届いたという話をします。
「鯛が釣れてうれしかった」という内容と、「光秀なら麒麟を呼べるかも……」という内容でした。

私的感想

段々と「本能寺の変」に近づいて来ました。
想像するに、光秀は朝廷からも義昭からも家康からも頼られ、最後は断りきれずに信長を倒すという感じでしょうか?
この作品を通じて、光秀はおつかいを散々頼まれていますが、最後もそうだということでしょうか?
次回予告で帰蝶が、光秀から「道三さまならどうなさるでしょうか?」と尋ねられ、「信長様を毒殺する」と答えていました。
この作品は毒殺が好きですね……
帰蝶もまた、本能寺の変の首謀者のひとりという演出でしょうか?
真面目な光秀は皆に頼まれて信長を倒すものの、結局、秀吉に倒され、悪者に仕立て上げられるという感じで終わるのでしょうか?
なんだか仕事を押し付けられて過労死する現代社会のサラリーマンのようで気の毒ですね。
それゆえにこのドラマが支持され、注目されるのかもしれませんが……
残り2回、どういうふうにまとめられるか注目します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました