「麒麟がくる」第43話「闇に光る樹」あらすじと感想

麒麟がくる

今週のあらすじ

1579年夏、ついに光秀は丹波の平定に成功しました。
最後まで抵抗した波多野兄弟を捕らえ、信長の元に送りましたが、光秀は彼らの命まで奪いませんでした。

安土城。
光秀と細川藤孝が登城します。
丹波平定を成し遂げたふたりに上機嫌の信長。
蘭丸に塩漬けにした波多野兄弟の首を持ってこさせます。
複雑な表情になる光秀と藤孝。
一方、本願寺を制圧できない佐久間信盛に対し、信長は叱責を加えます。
秀吉に対しても毛利を早く攻めよ、京で女あさりをしている場合かと叱ります。
なお、光秀を見習えと諸将に話したのは実話とされています。
それだけ光秀を信頼していたのに、余計、なぜあんな最後になるのかわからないのですね。

その後、秀吉が藤孝を捕まえ、密談を始めます。
秀吉は「帝の譲位はいかがなものかと思う」と語ります。
近頃の信長は何かあせっているように見えるとも。

信長は「従五位下」と書いた紙をうれしそうに光秀に見せ、この位を光秀に授けようと話します。
光秀はというと、信長が官位を受けなかったのにいいのですか?と口にします。
信長は譲位のことについて話します。
今の帝とはもう信頼関係がないようです。
東宮(誠仁親王)を二条御所に移すと話します。

東宮に頭を下げて、遷移をお願いした光秀ですが、藤孝と共にこれはおかしいと考え、信長を諌めようとします。
しかし、藤孝はここはひとまず落ち着けと止めます。
なんとなく、本能寺の変の後の細川藤孝の動きを暗示しているようにも見えました。
秀吉と密談している関係も怪しいかと。
結局、東宮は二条御所に移ります。

三条西家の館。
細川藤孝と近衛前久と伊呂波太夫がいます。
どうやら、三条西実澄はすでに死去した後のようでした。
伊呂波太夫は信長の言いなりになっている公家たちを不甲斐ないと嘆いています。
藤孝はというと、信長なら戦を終わらせてくれるかと思ったが、いい方向に進んでいないと嘆きます。
伊呂波太夫は「信長が駄目なら帝は誰を頼りにすればいいのか?」と前久に問います。
前久は「目下のところ、明智じゃろう」と光秀の名を挙げます。
藤孝も賛同します。

1580年4月。
ついに本願寺勢力が信長に降伏します。
直後、本願寺攻めの総大将であった佐久間信盛を追放しました。
確か高野山に追放だったはず。
光秀はこの頃、毎日同じような夢を見て、うなされていました。
月まで伸びようとする大木を光秀が斬りつけるという夢でした。

東庵の館を光秀は訪れます。
駒とも会います。
光秀は帰蝶が京に出てきていることを知ります。
眼病を患っているとかで、名医の曲直瀬道三に診断を仰ぎに来ているとのことでした。
東庵のモデルとなった人物ですね。
この作品では東庵の友人とされているようです。
「少しお疲れのご様子ですね」と光秀に話しかける駒。
光秀は夢の話をします。
大木を登っている人がいて、信長のように見えるとも。
木を切るとその者の命がないとわかっているのに、自分は切り続けているとも。

光秀は今井宗久の館で帰蝶と面会します。
帰蝶と光秀の毒舌を浴びて、今井宗久はタジタジとなっています。
「帰蝶は道三と気性が似ていると噂されていた」と宗久は語ります。
帰蝶もまた父から「おまえが男だったら」と言われていたと認めます。
それゆえ、光秀は質問します。
「道三様なら、今の状況をどうしていただろうか?」と。
「ならば、父に代わって答えよう」と帰蝶は話します。
空気を読んだ今井宗久は席を外します。
「信長様のことであろう?」とさすがに帰蝶はお見通しです。
「道三様ならどうなさるでしょうな?」と光秀が問うと、「毒を盛る。信長様に」と帰蝶は平然と答えます。
「信長様あっての私であり、信長様に毒を盛るのは自分に毒を盛るのと同じ」と光秀は話します。
帰蝶は「信長に嫁げ」と道三が言ったとき、「行くなと行ってほしかった」と昔話をします。
「今の信長を作ったのは道三と光秀である。作った以上は責任を取らなければならない」とも。
「これが道三の答えじゃ」と語る帰蝶。
そして、「そういう考え方は大嫌いじゃ」とも語ります。
光秀も「私も大嫌いです」と同意します。

1582年3月。
織田、徳川軍はついに武田氏を滅ぼします。
諏訪にて、信長と家康が握手を交わします。
別室で光秀と会話する家康。
結局、家康の長男と妻は処断されていました。
家康は「あれは私の失態。妻子が武田方と通じていたとは」とサバサバとしています。
この事件、近年では家康が処断したのを信長のせいにしているという説が有力ですが、先週の態度とは大違いですね。
新たに駿河を治めることになる家康は、近江と丹波をうまくまとめている光秀に何を心がけているかを聞きたいと話しかけます。
光秀は「己の国が豊かであれば、よその国を襲うことはない。そのためにはまず自国にどれくらいの田畑があるかを知り、無理のない年貢の取り立てを行うことから始めるべき」と話します。
光秀の理想なのでしょう。
なお、ふたりが話しているところを森蘭丸が盗み見をしていました。

信長は安土にて武田攻め成功の宴を開く予定をしていました。
そのことを蘭丸に知らせに行かせていたわけです。
このとき、家康は饗応役を明智にさせてほしいとお願いしたということです。
饗応役をもてなされる側が指名するのは珍しいという話になります。
するとすかさず秀吉が「家康は毒を盛られるのを警戒しているのだ」と讒言します。
厳しい表情になる信長。
追い打ちをかけるように蘭丸が「先程も光秀と家康は親しく話していた」と告げます。
「家康はまだ信康に腹を切らせたことを根に持っておるのか」と信長はつぶやきます。

1582年5月、安土城。
家康饗応の日です。
ソツなく準備した光秀。
しかし、信長は饗応役はここまでとし、あとは丹羽長秀に引き継げと伝えます。
毛利攻めに加わる準備を急げということです。
それでも、なんとか饗応役をさせてほしいと頼み込む光秀。
その態度に信長は厳しい目をします。

宴席が始まります。
すると突然信長が「膳が違うぞ」と怒り出します。
品揃えが足りないという理屈でした。
しかし、それは作法と違うと反論する光秀。
ですが、信長は納得しません。
慌てて、膳を取り替えようとする光秀。
間の悪いことに焦っていたせいか、酒(汁?)をこぼしてしまいます。
扇で叩かれ、蹴飛ばされる光秀。
しかも、森蘭丸までが「上様に無礼をなさったな!」と光秀に殴りかかります。
光秀は蘭丸を突き飛ばし、信長をにらみます。
この間、大木を切るシーンがフラッシュバックします。
手刀を信長に向け、にらむ光秀。
にらみ返す信長。
ついに、光秀の堪忍袋の緒は切れたのでしょうか……

私的感想

ここに来て、怨恨説も出て来ました。
さすがに武田攻めのあと「この金柑頭」と言われて、欄干に打ち付けられたエピソードや、カツラが落ちて、恥をかいたというエピソードはありませんでしたが。
そういえば、光秀の母(またはおば)が磔になるエピソードもありませんでしたね。
今週は一気に3年分、話が進みました。
ずいぶんと早足になったものです。
それにしても、この信長と光秀像……なんだかボーイズラブの世界を思わせます。
信長は光秀に喜んでもらいたくて、波多野兄弟の首を切ったり、官位を与えようとしているのですよね。
宴席で光秀に絡んだのも、家康と仲良くしていることに対する嫉妬と見えなくもありません。
足利義昭や帝に対してもそうなのではないでしょうか。
光秀は自分の思い通りに動いてほしいのに、そうしてくれないと。
複雑な人間関係と、難しい人間の感情が渦巻いています。
さて、来週はいよいよ最終回で、本能寺の変が描かれます。
どういうラストになるか、楽しみ半分、怖さ半分です。
どこまで描かれるのかも気になります。
山崎の戦いや光秀が絶命する瞬間まで描かれるのでしょうか?
そして、麒麟は現れるのでしょうか?
来週を楽しみに待ちましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました