競馬予想「桜花賞」白毛馬初のクラシック制覇なるか?結果:外しました。

競馬関係

2021年桜花賞展望

早いもので、今年もクラシックレースの季節がやってきました。
今週は乙女たちの戦い第一弾、桜花賞。
白毛の2歳チャンピオン、ソダシが注目されていますが、サトノレイナスやアカイトリノムスメを初めとする強敵もいます。
混戦かと思われますが、どうなるでしょうか?
私の予想は以下のとおりです。

2021年桜花賞予想

◎サトノレイナス
◯ソダシ
▲ソングライン
△アールドヴィーヴル
✕メイケイエール
3連複BOX 10点

過去データと予想根拠

・2番人気が好成績。
・チューリップ賞組が強いが、近年は別路線組の勝利も。
・ディープインパクトとキングカメハメハの血を持つ馬が他を圧倒(ただし、今年は該当馬が多い)。
・過去にマイルレースで好成績を残している必要がある。
・真ん中の枠が好成績。外枠は2着までが多い。
・関西騎手が関東騎手を圧倒。

今回はデータを重視しました。
先行するソダシと後ろから追い込んでくる馬との争いになりますかね。
阪神牝馬Sの結果を見る限り、馬場状態はかなり良さそうで、外差しも決まりそうですね。

◎サトノレイナス
ディープ✕欧州系の血統はこのレースにピッタリ。
前走の阪神JFはソダシにクビの上げ下げで敗れたものの、重賞初挑戦としては十分な結果でした。。
大外枠を引いたものの、このレースに強いルメール騎手を確保し、逆転もあると見ました。

◯ソダシ
白毛であることから注目されていますが、実力は相当なもの。
阪神JFの勝ち馬でもあります。
ディープの血は持っていませんが、キンカメの血は持っています。
クロフネの血も過去にリリーノーブルやホエールキャプチャといった好走馬を出しています。
内枠を引いたのだが気がかり。

▲ソングライン
キズナ産駒。
ディープインパクトの血を持っています。
前走の紅梅Sが好内容で、高速決着にも対応できます。
鞍上の池添騎手は桜花賞を2勝しています。
今週も一発を期待。

△アールドヴィーヴル
キンカメ✕ディープの組み合わせ。
調教の動きも良かったようです。
前走で減りすぎた馬体も回復傾向で、好勝負ができると見ました。

✕メイケイエール
チューリップ賞の勝ち馬(同着)。
折り合いがまったくつかない暴れ馬ですが、それでも勝つのだから、能力は相当。
今回、横山典弘騎手が乗ることで、逃げるか控えるか全く読めません。
それでも買うのはディープ系の父系に欧州系の母系という血統を重視したからです。

消した有力馬について

・アカイトリノムスメ
ディープ✕アパパネの三冠配合、しかもアパパネの父はキンカメという桜花賞向けの血統です。
最後まで迷いましたが、関東馬に関東騎手という組み合わせが引っかかりました。
人気なので馬券的妙味もないし、思い切って切りました。

・エリザベスタワー
もう一頭のチューリップ賞勝ち馬。
今回は高速馬場が予想されるので、欧州系✕欧州系の配合はどうかと思いました。
鞍上の川田騎手は好調ですが、さすがに3週連続G1勝ちはないかと。
しかも、土曜の重賞も勝っているし……

最後にまとめ

昨年は雨が降り、重馬場でのレースでしたが、今年は満開の桜の下、良馬場で行われそうです。
かつてはトリッキーなコースで、いいポジションを取るためハイペースになることが多かったレース。
魔の桜花賞ペースなんて言われ、そのため波乱が多かったですが、コース改修がされてから波乱傾向が減ったように思います。
今年はどんなレースになるでしょうか。
個人的には2週連続取っているので、今週も続きたいところです。

桜花賞レース結果

1着 ソダシ
2着 サトノレイナス
3着 ファインルージュ

ソダシは驚異的なレコードで、白毛馬初のクラシック制覇。
見事な勝利でした。
馬券的には3着が抜けてしまいました。
メイケイエールの暴走が印象に残りました。
残念ですが、来週また頑張ります。

予想の参考にしています。
無料登録だけでも結構情報がありますよ。
無料登録で得られる情報については、こちらをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました