競馬予想「NHKマイルカップ」人気馬+穴馬で狙うレースかな。結果:外しました。

競馬関係

2021年NHKマイルカップ展望

東京マイルで行われる同レース。
かつてはマル外ダービーなどと言われた時代がありましたが、今ではマイル路線を狙う馬の目標レースとして定着しました。
今年はオッズも割れ、混戦ムードでもあります。
果たして、どんな結果になるのか……
私の予想は以下のとおりです。

2021年NHKマイルカップ予想

◎グレナディアガーズ
◯ピクシーナイト
▲タイムトゥヘヴン
△ホウオウアマゾン
✕リッケンバッカー
✕ソングライン
3連複◎1頭軸 10点

過去データ(近10年)と予想根拠

・NZT、皐月賞、桜花賞、アーリントンC組が好成績
 勝ち馬より、少し負けた馬の方が好成績
・距離短縮組も好成績
・血統的にはサンデー系とミスプロ系、ノーザンダンサー系ではフレンチデピュティの血を持つ馬
・脚質に大きな有利不利はない
・人気薄が飛び込んでくることもあるが、1,2,3番人気が揃って消えたのは1回のみ
・枠はやや外枠有利
・牡馬と牝馬に差はない

今週は晴れ予報。
良馬場で高速決着が期待できそうです。
時計的に裏付けのある馬や高速血統を狙ってみました。

◎グレナディアガーズ
朝日杯をレコードで勝った馬。
時計的裏付けはあります。
前走は2着に敗れましたが、休み明けで他馬より1キロ重かったのも響いたかと。
それでアタマ差なのだから、素質は高いと見ました。
ファルコンSを2着してからの臨戦は昨年の勝ち馬ラウダシオンと同じです。

◯ピクシーナイト
シンザン記念で今回の有力馬バスラットレオンとルークズネストに完勝しています。
前走のアーリントンCは敗れましたが、これは雨で重い馬場が合わなかったのかと。
モーリス産駒に高速馬場が合うかどうかは疑問ですが、母方にはサクラバクシンオーの血があるなど短距離傾向。
外枠も不利とならないレースなので狙ってみます。

▲タイムトゥヘヴン
NZT2着馬。
父はミスプロ系のロードカナロア。
母は桜花賞馬キストゥヘヴン。
鞍上のデムーロ騎手はこのレース2連勝中で、3年前も連対。
今年も乗ってみます。

△ホウオウアマゾン
キンカメとタキオンの組み合わせ。
朝日杯は9着に敗れているものの、3番人気に押された馬。
デイリー杯2歳Sは2着でしたが、先行して1.32.4で走っている実績もあります。
同じくらい走れたら。

✕リッケンバッカー
穴で一考その1。
父はロードカナロアで、アーリントンCの2着馬。
これまで勝ちきれないレースが続いていますが、ルメール、川田、松山ら有力騎手が騎乗していて、期待はされていた馬だったかと。
過去には33秒台の末脚を披露するなど、高速馬場にも対応できると見ました。

✕ソングライン
穴で一考その2。
桜花賞は大敗しましたが、大きな不利があってのもの。
それでも1.33.1で走っており、スピードはある馬。
スムーズに運べたら。

消した有力馬について

・バスラットレオン
前走NZTを逃げて5馬身差で圧勝した馬。
ただ、相手関係は微妙だったかなと。
今回は目標にされそうな気がして、楽な競馬はできないと見ました。

・シュネルマイスター
ルメール騎手騎乗の人気馬。
前走は弥生賞でも2着になるなど、ここまでの戦績は立派です。
ただ、弥生賞もスローでしたし、高速対決への裏付けがないなと。
人気にもなっていますし、馬券的妙味もないなと考えました。

最後にまとめ

今年は桜花賞、皐月賞惜敗馬がいないので、力関係は団子状態かなと考えました。
買いたい馬がたくさんいて、大変迷いました。
人気馬も切ったので、馬券的に大惨敗の可能性もありますが、自分の判断を信じたいと思います。

レース結果

1着 シュネルマイスター
2着 ソングライン
3着 グレナディアガーズ
4着 リッケンバッカー
5着 ロードマックス

ソングラインやリッケンバッカーに目をつけたまでは良かったのですが、欲張りすぎてシュネルマイスターまで切ってしまったのが馬鹿でした。
バスラットレオンがまさかスタート直後に落馬するとは思いませんでしたが……
来週、また頑張ります。

予想の参考にしています。
無料登録だけでも結構情報がありますよ。
無料登録で得られる情報については、こちらをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました