競馬予想「安田記念」グランアレグリア連覇なるか?結果:外しました。

競馬関係

2021年安田記念展望

ダービーの興奮も冷めやらぬところではありますが、競馬は毎週続きます。
今週は春のマイル王決定戦、安田記念です。
昨年は最強馬アーモンドアイがグランアレグリアに敗れました。
今年はディフェンシングチャンピオンの立場となったグランアレグリアが圧倒的一番人気ですが、はてさて……
私の予想は以下のとおりです。

2021年安田記念予想

◎グランアレグリア
◯インディチャンプ
▲サリオス
△シュネルマイスター
✕ラウダシオン
✕カテドラル
3連複◎1頭軸 10点

過去データ(近10年)と予想根拠

・京王杯S組、ダービー卿CT組、マイラーズC組、ヴィクトリアマイル組が好成績
・ヴィクトリアマイル組、マイラーズC組は勝ちきれないことが多い。
・逃げ切るのは難しい。
・血統的にはノーザンダンサー系の血を持つ馬。特にディンヒル、ダンチヒなど。
・かつての東京マイルは2000mをこなせるくらいの馬が有利だったが、近年はスプリント志向となっている。
・1番人気は過去10年で3勝。2番人気は1勝とあまりアテにならない。
・Cコース変わりで、例年、内枠有利だが、今年は14頭。
・前走大敗からの巻き返しは難しい。
・2年連続で好走する馬が多い。

天気予報は微妙ですが、基本的に馬場状態は「良」と見ました。
1分31秒台の争いになるかと。

◎グランアレグリア
現在の短距離女王。
前走のヴィクトリアマイルは、ほぼ持ったままの圧勝。
そのヴィクトリアマイル組は昨年のアーモンドアイのように勝ちきれないことが多いです。
しかし、アーモンドアイは本質的に中距離馬であり、グランアレグリアとは事情が違うかと。
中2週の疲れが気にはなりますが、ここは不動の本命と見ます。

◯インディチャンプ
昨年の3着馬、一昨年の覇者。
ここ数戦はスプリント戦に挑んでいたため、勝ちきれていませんが、内容は悪くありません。
得意のマイルで今年も馬券圏内に入ってほしいですね。

▲サリオス
マイルCSは外枠で出遅れ、大阪杯は不良馬場と同情できる敗北。
東京コースは得意で、東京マイルでの勝ち星もあります。
最内枠から先行してしぶとい競馬に持ち込めれば。

△シュネルマイスター
NHKマイルCの勝ち馬。
欧州血統だけに高速馬場でどうかと思われましたが、1分31秒台で走り、見事に勝利。
前走57キロだった馬が、今回は54キロと斤量にも恵まれます。
過去10年、3歳馬の勝利は1頭しかいませんが、そもそも出走数が少ないので、参考外かと。

✕ラウダシオン
昨年のNHKマイルCの勝ち馬。
1200mや1400mのレースでも健闘しています。
父リアルインパクトは10年前のこのレースの勝ち馬。
血のドラマも感じます。

✕カテドラル
穴で一考。
ダービー卿CTの2着馬。
母方にデインヒルの血を持っています。
今回、先行馬が多いので、外差しが決まるかもと見ました。

消した有力馬・人気馬について

・ケイデンスコール
ここに来て復活の兆しが見えて来た馬ですが、マイラーズC組はあまりいい成績ではなく、ましてや今年は阪神開催のためリンクするか疑問に思いました。

・ダノンプレミアム
まだまだ侮れない馬ですが、安田記念はアクシデントもあったものの、2回挑戦して2回とも大敗しているので積極的に買うところまでは行きませんでした。

最後にひとこと

グランアレグリアのG1、6勝目が見られるでしょうか?
14頭立てだけにグランアレグリア自体は堅いと思っているのですが……
現在、G1は7連敗中なので、そろそろ勝ちたいですね。

2021年・安田記念結果

1着 ダノンキングリー
2着 グランアレグリア
3着 シュネルマイスター

まさかのダノンキングリーでした。
グランアレグリアは終始窮屈な競馬でしたが、いいときはもっとコーナーで抜いていく力があるはず。
やはり中2週がこたえたのでしょうか。
それでも2着は立派ですが。

予想の参考にしています。
無料登録だけでも結構情報がありますよ。
無料登録で得られる情報については、こちらをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました