馬券的中「ホープフルS」川田涙の優勝も、話題は大逸走の三浦へ……

競馬関係

ホープフルS予想

2020年のホープフルS、私の予想は以下のとおりでした。
◎オーソクレース
◯ヨーホーレイク
▲ダノンザキッド
△シュヴァリエローズ
△アドマイヤザーゲ
✕アオイショー
3連複◎1頭軸流し 10点

また、予想根拠として、こんなことを書いていました。

競馬予想「ホープフルS」もう一頭の2歳チャンピオンはどの馬か?
はじめに・ホープフルS展望 今週はホープフルS、中山大障害、有馬記念と3つのG1がある贅沢な週となります。 せめて、どれかひとつは当てたいものです。 まずは2歳馬のもう一頭のチャンピオンを決めるレース、ホープフルSを予想してみました。...

阪神JF・レース結果

1着 ▲ダノンザキッド
2着 ◎オーソクレース
3着 ◯ヨーホーレイク

5着 △シュヴァリエローズ
7着 ✕アオイショー
10着 △アドマイヤザーゲ

安い配当でしたが、一応3連複19倍的中でした。
ダノンザキッドは2000mがどうかと思っていたのですが、底力を見せましたね。

ホープフルSレース展開

2020 ホープフルS

上記の動画を見てください。
2番人気のランドオブリバティが逃げを打ち、4コーナーまで手応え十分でしたが、まさかの大逸走です。
人馬ともに大怪我がなくてよかったですが、思わず笑ってしまいました。
三浦騎手はつくづくG1レースに縁がないですね。

馬券購入した馬について分析

◎オーソクレースはルメール騎手のコメントにもありましたが、ランドオブリバティの大逸走に驚いたのが痛かったですね。
ソラを使うところがある馬のようで、早め先頭は計算外だったかも。
今回はスタートをスムーズに出て、最内枠をロスなく回る器用な競馬ができました。
2着に敗れましたが、血統的にも今後が楽しみな馬です。

◯ヨーホーレイクはスタートでランドオブリバティとぶつかったのが痛かったですね。
いいポジションが取れませんでした。
しかし、少し後ろにいた分、脚が溜まったのか、最後は鋭い脚でよく追い込みました。

▲ダノンザキッドは見事な優勝。
ジャスタウェイ産駒初の重賞勝ちはG1でした。
外から最後は底力でオーソクレースを蹴落としたように見えました。
昨年のコントレイルと同じローテーションで3戦無敗。
来年のクラシックが楽しみです。

△シュヴァリエローズは5着。
よくがんばりましたが、少し外枠だったのが苦しかったようですね。
今後に期待しましょう。

△アドマイヤザーゲは10着。
騎手によると少し早めに仕掛けたようですが、反応が悪かったようです。
スローペースながらも上がりが36~37秒台になるようなレースには向かなかったということでしょうか。

✕アオイショーは7着。
密かに期待していたので残念ですが、新馬を勝っただけの馬にしては健闘したのではないでしょうか。

最後にまとめ

川田騎手が師匠(安田隆行調教師)の馬でG1を勝てたことで涙していました。
しかし、このレース最大の話題はランドオブリバティの4コーナーでの大逸走になりました。
三浦騎手のG1初制覇があるかと騒がれていただけに余計に話題となりました。
予想の段階で、三浦騎手がどうしてもG1で買えないと言って切りましたが、珍しく予想が当たりました。

これで秋のG1成績は2勝8敗1トリガミとなりました。
有馬記念へ向けて、安めながらも軍資金を稼ぐことができました。
次は今年を締めくくる有馬記念。
この勢いで取りたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました