金八先生の最終回スペシャルを見ました。感想を少し。

芸能

録画していた金八先生の最終回「3年B組金八先生ファイナル」を見ました。
不良生徒に手を焼き、年と共に体調も悪くなった金八先生が弱気になったのを、昔の教え子たちが助けることで力を取り戻す……というストーリーは、最終回にふさわしい王道の内容だったと思います。

簡単にあらすじを書きます。
定年間近の金八先生、心臓の調子も悪く、かつてのパワーが少し衰えを見せていました。
そんなとき、3年B組の景浦なる不良生徒が問題行動を次々と起こしていました。
金八も初めて生徒に殴られてふっとばされる経験をします。
さすがの金八も手を焼き、元教え子の加藤優が不良少年たちを雇って更生させていることを知り、景浦も雇ってくれないかと頼みに行きます。
しかし、加藤の答えは「NO」でした。
なぜなら、「そいつにはまだ金八先生がいるだろ」ということでした。
そのひとことに「何をやっているんだ、俺は……」と涙する金八。
ここから、再び景浦を更生させるためにかつての熱血指導を始めます。
自宅に景浦を一緒に住ませ、共同生活をさせることでルールを守らせます。
それでも、なかなか素直にならない景浦。
ですが、景浦の元に3年B組の元教え子たちが次々と現れ、金八の手助けをします。
金八もクラスメートたちに敬遠されていた景浦を理解するよう熱のこもった指導をします。
結果、景浦は無事、都立高校に合格するのでした。

なかなかのオールスターキャストでした。
特に加藤優役で有名な直江喜一さんは今でも俳優をしているのかと思うほど、存在感のある演技でした(実際、建設会社に勤めながら、俳優活動やバンド活動をされているみたいです)。
15歳の母コンビは現役俳優らしく味のある演技でしたし、ワンスポットだけ出てきた近藤真彦なども、さすがと思わせる存在感でした。
田原俊彦や上戸彩が出演しなかったのは残念でしたが……
今は亡き沖田浩之さんが何度も映像で姿を見られたのは、スタッフの配慮なのかうれしかったですね。

最後のシーンが金八先生自身の卒業式という設定で、金八先生が元生徒たちの出席を取るという設定もよかったと思います。
元生徒たちの若い頃の画像とかも流されたりして、自分自身の年代とも重ねあわせて見てしまいました。
先生を主人公にしたドラマといえば、ほとんどの人が、金八先生が一番に浮かぶのではないでしょうか?
現実にはいないとわかっていても、こんな先生いないかなと憧れたはずです。
このドラマを見て先生を目指した人もいるはず。
金八先生のおかげで、生徒の家庭の問題にまで教師が口出ししなければならなくなった……という批判を見たこともありますが、功罪両方があるのは、いかにこのドラマが大きな影響力を持っていたのかという証拠ではないでしょうか。

武田鉄矢さんは多くの名演をされていますが、やはり金八先生のイメージが一番強いです。
本人にとっても、どこか堅苦しい面もあったかもしれません。
風俗に行ったら「先生はこんなところに来ちゃ駄目!」と風俗嬢に泣かれたなんてエピソードを聞いたことがあります。

金八先生、武田鉄矢さん、お疲れ様でした。
長い間、楽しませていただいてありがとうございました。

もう一度、金八先生シリーズを見たい方は、以下の「Paravi」にて見ることができます。
2週間の無料体験もあります。
ぜひ、お試しください。

Paraviについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

ドラマを見るなら、動画配信サービス「Paravi」がおすすめです。
最近、数多くの動画配信サービスが登場しています。それぞれ特徴があり、得意分野の番組があるわけですが、今回はParavi(パラビ)という動画配信サービスについて紹介します。何かとコンプライアンスなどと言って、表現に制限がある時代。芸人が毒のあ

コメント

タイトルとURLをコピーしました