いじめられた側が仕返しをすると悪者にされる。理不尽な話だ。

雑記

神戸市須磨区の東須磨小学校における教師間のいじめについて、様々な情報が出てきています。
当事者でなくても、見ているだけで怒りが込み上げてくる内容です。
器物破損、傷害、強要、パワハラ、嫌がらせ……加害者たちは教師以前に人間以下の存在と思いたくなりますね。

この事件について、タレントで俳優の梅沢富美男氏は「男ならやりかえせ」と発言したようです。
そういえば、昔、ドラえもんでも、のび太くんが父親からそんなことを言われているシーンを見たことがあります。

しかし、これは昭和の時代の古い発想だと思います。
子供と大人という違いはあるものの、多人数でひとりをいじめている構図は同じです。
それも、絶対的に弱い立場の者をいじめています。
相手がやりかえさないものだから、馬鹿は余計にエスカレートします。
このとき、誰か強い立場の者が助けてくれるならなんとかなりますが、東須磨小学校では「よくも校長に言ったな」と余計にいじめられる結果になりました。
中途半端にやりかえすと、余計にやられるのです。
しかも、こういう相手は、自分がやりたい放題のクセにやりかえされると、人一倍、被害者面をします。
身を守るための暴力であっても、喧嘩両成敗となってしまいます。
これでは、やられている側は納得がいきません。

そもそも、やりかえそうにも相手が多人数だからなかなか難しいのが現状です。
相手からのいじめをやめさせようとしたら、それこそ、刃物か金属バットでも持ち出して、殺すくらいの覚悟で挑まないといけません。
ですが、そこまでやると捕まるのは自分の方で、下手をすると自分の方が悪いかのようにメディアに書かれます。
加害者であるはずの教師が被害者となり、保護者のひとりが「殺された先生はいい人だった」とでも言えば、いつの間にか、立場が逆転してしまいます。
相手を殺すことで、一時的にはすっきりするかもしれませんが、これでは割に合いません。
家族や親族が人殺しの一族として扱われるかもしれません。
子供がいれば、「お前の父ちゃん人殺し」などといじめられるかもしれません。
いじめられる側が何もできないのは、こういう理不尽なことがあるからです。

今回の被害者が鬱病になり、休職に追い込まれたのは気の毒ですが、よく今までキレずに耐えたものだとも思います。
やりかえしたいと思ったこともあったでしょうが、耐えて、被害届を出したのは正解だと思います。
あとは、警察と法律が裁いてくれます。
おそらく、罰金刑か執行猶予付きの判決に終わるでしょうが、相手の社会的地位を奪えます。
民事訴訟で器物破損の被害額や、休むことによって損害を受けた分について慰謝料を取ることもできるのではないでしょうか?
逆恨みを買って仕返しを受けないかどうかだけは注意しないといけませんが、ネット社会だけに、もしかしたらいじめた側が精神的に追い詰められることもあるのではないでしょうか。
勇気を持って、裁判に挑んでほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました